バナー

AGAの特徴と治療薬

AGAは、男性の肉体的特徴を形成するために分泌されるテストステロンという男性ホルモンが、生え際から頭頂部の毛根に存在している還元酵素によって変化したDHTという物質が原因の症状です。思春期以降に徐々に進行する男性特有の症状で、現在では症状を改善する治療薬が開発されています。

頭髪は、成長期という状態にある時に、毛根の内部にある毛母細胞が分裂する事により成長します。


やがて、毛母細胞の働きが弱まる退行期という状態に移行して、休止期という状態に移る事により抜ける事になります。
正常な状態であれば、休止期から再び成長期へと移行するので、抜けてしまった頭髪もやがて回復する事になります。



AGAの原因物質であるDHTは、毛乳頭細胞に存在しているレセプターと結び付く事により、頭髪の成長サイクルを狂わせてしまいます。

このために、成長期が短くなってしまい、頭髪はすぐに抜けるようになります。

休止期から成長期への移行もスムーズに行われなくなるので、薄毛が進行する事になります。


DHTの生産に関与している還元酵素の内で、AGAに関係しているのは生え際から頭頂部にかけて分布している種類であると考えられています。



この部分の頭髪はDHTの影響を特に強く受けてしまうので、生え際から頭頂部が薄毛となってしまうのがAGAの特徴です。AGA治療薬のプロペシアは、還元酵素の働きを制限する効果があります。

DHTの生産が抑制される事になるので、頭髪の成長サイクルは正常な状態へと回復します。